結婚内祝いのギフトについて思ったこと

結婚式っていいですね。

色々形式がありますし準備や資金など大変な面もあるかと思います。

結婚式といえば、私の頭にはウエディングドレスやケーキに披露宴など、ちょっと偏った部分が印象が強いです。

さて結婚式といえば、結婚祝いがありますよね。

私も結婚したときに様々な方々から頂きました。

まぁ結婚式というより私は披露宴のみしたので、細かいことは違うかと思います。

結婚式の後に結婚内祝いとして、ギフトを渡したりするのが一般的のようです。

私の時は、カタログギフトを贈らせて頂きました。

金額もさることながら、贈られた本人達が選べるので好き嫌いの心配をせずに贈れます。

また、よくあるのはお皿とかティーカップなどなど色々あるようです。

ただ、聞いた話ならお皿に結婚した夫婦の写真がプリントされてたりとか、よく分からないものとか生物を夏に持たせたりとかすると嫌煙される場合があるようです。

なので、結婚内祝いのギフトを選ぶ時は、時期と贈る方の年代も考えて贈りましょう。

なぜなら、世代によってはこんなのいらないとか、しおかしい!

という場合があるからです。

年の召された方だといるのに若い世代だとなんだそれ!

?っとなるジェネレーションギャップが生じ時には揉めることにもなりかねません。

結婚は、始まりです。

幸先のよいスタートが出来るといいでよね。